勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

男性はなぜ勃起をするのか?勃起に至るまでのメカニズムを知っている方はとても少ないと思います。簡単に言いますと、ペニスの刺激はきっかけにすぎず、形となって現れるまで身体の中ではめまぐるしい変化と活動が起きています

単純なように見えて実は複雑なメカニズムであり、性欲以外にも精神状態や神経や血管など体調面のバランスも、勃起が正常に出来る要素なのです。そのバランスが崩れてしまうと、勃起は起きにくくなり、これが続いてしまうことでED(勃起不全)になってしまいます。

勃起のメカニズムを知ることでEDが改善されることは残念ながらありませんが、改善のヒントにはなるはずです。こちらのページでは勃起、そして勃起のメカニズムを紐解いていきたいと思います。

勃起は2種類ある!?

なぜ勃起という現象が起きてしまうのか?これは生物が子孫を残すために必要不可欠な現象です。そして人間は子孫を残すという目的以外にも、セックスによって快楽を得られる動物です。これは他の動物ではあまりみられません。

その勃起には2種類あり、起きる理由が違います。まず1つがセックスや自慰行為によって起きる勃起(性的要因によるもの)。もう1つが尿が溜まったり乗り物の振動などで起きる勃起があります。こちらのページではこの性的な興奮、または刺激による性的要因で起きる勃起についてお送り致します。

後者は様々な説があり、1つに絞りきれないため省かせていただきます。ご了承下さい。

勃起をするために必要な要素

勃起をするためには4つの要素が完璧に働かなければなりません。単純なように見えて実は繊細かつ複雑な作用が体内で起きる事でペニスが硬く大きくなるのです。これらの要素が1つでもうまく働かないと勃起は不完全となってしまいます。これが長引くことでやがてEDを発症してしまうのです。

それではその4つの要素とは一体何なのかを見ていきましょう。勃起はこんなことも関係しているのか!?と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

性的興奮が勃起をするためのスイッチ

人の身体には一酸化窒素(NO)というものが多く含まれています。NOは血管を拡張させる特徴があり、この拡張が勃起を起こさせる要因になるので非常に重要です。男性は性的興奮を覚えるとこのNOの量が一気に増え、血管細胞に取り込まれます。

では勃起をするきっかけとはいつなのか?それはいわゆる性的な表現を見たときですよね?例えば女性の裸体を見る・触れるなどで興奮を覚えるはずです。またはアダルトビデオなどの間接的な性的表現でも興奮しペニスは勃起をします。

これは全て脳が興奮している状態から起こるのです。性欲の有無も大いに関係しています。一般的な男性であれば性欲が無いということはまずありません。時間の差はあるでしょうがほとんどの方は勃起をするでしょう。しかし性欲が無ければ勃起をする事が出来ません。

後程説明をしますが、脳が興奮することで神経を通りそれによって体内では様々な物質が分泌をされるのです。いわば性的興奮とは勃起をするためのスイッチといえるでしょう。勃起のメカニズムは性的興奮(脳の興奮)から始まります。もしも性欲が無くてペニスが勃起をしないというのであれば、バイアグラなどのED治療薬ではなく男性ホルモンを増やすホルモン剤を使って下さい。

ホルモン剤を使うのに抵抗がある方はまず生活習慣を変えてみて下さい。質の良い睡眠をとる・脂肪を取りすぎない食事(バランスの取れた食事)・ビタミンDと亜鉛不足の防ぐ、などの方法を試しましょう。ただこれらの栄養素がテストステロンを増やすというわけではなく、増やしやすくするとのことです。

勃起に至るまでの体の変化

勃起が目に見える形であらわれるまでに体の中ではめまぐるしい変化と活動が起きています。
まず勃起に至るまでに脳、勃起神経、男性器という順に三つの場所を経由し、うまく伝達できて初めて勃起に至ります。

簡単に言えば、性的な興奮を脳から男性器まで経由させるイメージで、逆の言い方をすれば性的な興奮が全くない状態では勃起は成り立たないといっても過言ではありません。

脳で性的な興奮を感じると勃起神経に伝えられ自律神経の交換神経と副交感神経によって男性器に性的な興奮を伝えるか伝えないかの審査をします。この時、交感神経が勝っている状態の時は性的な興奮が脳へ戻され、副交感神経が勝ったときだけ男性器に伝えてくれます。

自分の状態が緊張状態や不安に陥っている時などは自律神経の交感神経が活発に活動しているので性的な欲求は伝えにくく、逆に交感神経が鈍っている時は副交感神経が活発に活動します。
よく眠気によって勃起症状があらわれるのは交感神経が鈍くなり副交感神経が活発に働いていることによって起きているのです。

副交感神経によって男性器まで経由された性的な興奮は海綿体と呼ばれる部分に伝えられ、そこに大量の血液が流れてくることで初めて勃起に至ります。

上記のような活動を体内では一瞬にして行っており、勃起が目に見える形であらわれるまでほんの数秒とまで言われています。
このように勃起のメカニズムを知るだけでも勃起に対しての悩みはほとんどと言っていいほど原因解明できます。

もしも勃起がうまく出来ない状態が続いたら?

もしも勃起がうまく出来ないことが続いた状態、ED(勃起不全)を発症したのであれば、ED治療薬を使ってみましょう。体の不調、精神の不調、どちらが原因として関わっていても高い効果を発揮する薬です。特にバイアグラが良く知られています。発売から20年が経過し、多くの方が改善出来ると言うデータも出ているので、とても有効であると言えるでしょう。

oCAO̒ʔ