ペニスが勃起現象を起こす際に、体内のあらゆる組織や神経が活動し作用します。そのメカニズムを知り、勃起不全の原因を解明しましょう!

勃起のメカニズム
勃起のメカニズム

男性はなぜ勃起をするのか?通常時から勃起に至るまでのメカニズムを知っている方は少ないと思います。

偏に勃起といってもその症状が目に見える形であらわれるまでに身体の中ではめまぐるしい変化と活動が起きています。

それを詳しく知っておくことで、勃起力が低下した原因や勃ちが悪いといった原因を自身で解明でき、それに対応した処置が可能となるのです。

どうして勃起するのか

人の身体には一酸化窒素(NO)というものが多く含まれています。
このNOは血管を拡張させるといった特徴があり、この拡張が勃起を起こさせる要因となります。

男性は性的興奮を覚えるとこのNOの量が一気に増え、血管細胞に取り込まれます。
血管細胞に取り込まれたNOはサイクリックGMPと呼ばれる物質と合成され、このサイクリックGMPが血管細胞に大量に溜まる事で血管が拡張し、海綿体へ大量の血液を送られることで勃起の症状があらわれます。

勃起に至るまでの体の変化

勃起が目に見える形であらわれるまでに体の中ではめまぐるしい変化と活動が起きています。
まず勃起に至るまでに脳、勃起神経、男性器という順に三つの場所を経由し、うまく伝達できて初めて勃起に至ります。

簡単に言えば、性的な興奮を脳から男性器まで経由させるイメージで、逆の言い方をすれば性的な興奮が全くない状態では勃起は成り立たないといっても過言ではありません。

脳で性的な興奮を感じると勃起神経に伝えられ自律神経の交換神経と副交感神経によって男性器に性的な興奮を伝えるか伝えないかの審査をします。この時、交感神経が勝っている状態の時は性的な興奮が脳へ戻され、副交感神経が勝ったときだけ男性器に伝えてくれます。

自分の状態が緊張状態や不安に陥っている時などは自律神経の交感神経が活発に活動しているので性的な欲求は伝えにくく、逆に交感神経が鈍っている時は副交感神経が活発に活動します。
よく眠気によって勃起症状があらわれるのは交感神経が鈍くなり副交感神経が活発に働いていることによって起きているのです。

副交感神経によって男性器まで経由された性的な興奮は海綿体と呼ばれる部分に伝えられ、そこに大量の血液が流れてくることで初めて勃起に至ります。

上記のような活動を体内では一瞬にして行っており、勃起が目に見える形であらわれるまでほんの数秒とまで言われています。
このように勃起のメカニズムを知るだけでも勃起に対しての悩みはほとんどと言っていいほど原因解明できます。

バイアグラ通販