ED(勃起不全)はどういった病気なのか?

ED(勃起不全)はどういった病気なのか?

勃起不全とは英語でErectile Dysfunctionと呼び、一般的にはEDと略します。最近ではインターネットの広告などで治療薬の宣伝をしていたりと一般的に知られるようになってきましたが、その最もなきっかけはバイアグラの発売からでしょう。

かつては「インポテンツ」とも呼ばれていたED。以前よりもだいぶ風通しは良くなりましたが、依然人にはなかなか相談しにくい病気です。EDは思った以上に男性のメンタルに関わってしまいます。勃起が出来なくなる、しにくくなるとそれだけで自信を失ってしまうためです。

しかもEDに悩んでる方は中高年だけでなく、30代40代の若い世代にも多くいらっしゃいます。これは生活環境がガラリと変わり、ストレスがかかりやすくなってしまったためです。何事もそうですが、EDも早めの治療が肝心です。

バイアグラを使えば思ってた以上に劇的な勃起をする事が出来るはず。それが精神的なプレッシャーを軽減し、次第に自信も回復していくでしょう。バイアグラを始めとしたED治療薬は決して怖い薬ではありません。その日にすぐ反応が現れることの多い薬です。一度試してみても損は無いと思いますよ。

EDの原因とは?

EDには国際的な定義があり、それは「性行為の時に勃起が十分にできないため、もしくは、十分な勃起が維持できないせいで、性行為が満足に行えない状態」とあります。肉体的な衰えはもちろんのこと、実は精神的なことも原因となるようです。また何らかの病気を罹患していると、引き起こされます。

参考: EDの原因 | ファイザー

完全に勃起が出来ない方はもちろんですが、行為を始める前は勃起出来ていても、女性器に挿入している際に途中で萎えてしまう方(中折れ)、勃起をする際にとても時間がかかってしまう事などもEDとして該当するので、実際にはもっと多くの方が発症していると言ってもいいでしょう。

その原因は先程も申したように、一つは精神的な要因。男性は意外にも繊細なもので、ストレスにとても弱いです。その蓄積によってEDが発症し、これら精神的な要因から起こるEDを「心因性ED(機能性EDとも)」と呼びます。

もう1つの理由としては身体的な要因。これは加齢によって肉体的な衰えによりペニスが勃起しづらくなるのもその理由の1つです。しかしそれ以外にも、中高年に多い高血圧や高脂血症。それに伴う動脈硬化などもEDの原因です。身体的な原因で起こるEDは「器質性ED」と呼ばれています。

精神的な要因:心因性ED

マスターベーション、いわゆるオナニーは問題なくできるのに、いざ女性と性行為を行うとなった際に勃起の現象が起きないというのは精神的な要因が考えられます。例えば、相手からのプレッシャーなどで緊張してしまい、なかなか起たなくなってしまうなどがありますが、これが続いてしまいますと性行為事態に苦手意識が出てきてしまい、悪循環が生じてしまいます。

一度悪循環が生じてしまうと、自力で復活するのは簡単ではなくED治療薬などのお薬を服用したりする必要があります。

身体的な要因:器質性ED

身体的な要因で起こるEDを「器質性ED」といいますが、これらの原因は加齢による肉体の衰えや、病気が起因となることが多いのが特徴です。特に中高年の方がなりやすい生活習慣病には要注意です。勃起のメカニズムに必要な、血液(血流)と関わる動脈硬化や高脂血症に気を付けなければなりません。

EDの治し方

ED治療薬として有名なバイアグラなどがありますが、これらは勃起作用を促進してくれます。血液が大量にペニス内部の海綿体という組織にに流れることによって勃起は起きます。ある酵素がそれを邪魔することによって、勃起がしにくくなるのですが、バイアグラなどに含まれている有効成分がその酵素を阻害してくれます。

酵素を阻害してくれることにより、有害物がなくなり勃起しやすくなるという事です。身体的要因でのEDは、糖尿病や、高血症、など生活習慣病の方がなりやすいとされています。高年齢ににつれ、勃起しにくくなるのもそれらが原因となります。

身体的要因でEDになったとしても先ほどのバイアグラなども効果的です。勃起不全は、一時的なものもあります。特に精神的要因ですと、自分でも気づかないままなってしまう方がいます。その元となったストレスなど対処できればいいのですが、なかなか難しい問題です。一回自信がつくと症状もよくなっていきます。

EDで悩んでる方はED治療薬を試してみる価値はあると思います。医師などに相談するのが一番ですが、知らない人にペニスの事について相談するというのは普通に考えれば抵抗があるかと思います。そんな時は海外医薬品の輸入代行業者を利用するのがおすすめです。