ED治療薬としてとても有効なバイアグラですが、効果が高い分、副作用や注意点もいくつかありますので、しっかり把握して服用しましょう!

バイアグラの副作用・注意点

バイアグラについてですが、前項(バイアグラの正しい服用方法)でも簡潔に説明している通り、日本国内においてのバイアグラというお薬は医師の処方箋を必要する医療用医薬品に該当します。

現代ではインターネットを利用し海外通販にて医薬品を購入する事ができ、大変便利ですがお薬の服用方法はもちろん、効果効能や副作用といった事を購入前に必ず確認し、事故などを未然に防ぐ必要があります。

バイアグラを服用する上で多くの方が副作用についての不安をお持ちだと思います。
ですが副作用の原因と症状の知識を事前に正しく把握しておくことで多くの不安は取り除けます。

まず、服用時の副作用について大きく分けると一般的とされる副作用、体内的な副作用の2つに分けられます。

一般的とされる副作用

頭をかかえる男性

服用後にめまいや火照り、ズキズキとした頭痛の症状が出る場合がありますが、これは一般的とされる副作用で10人に7人には同じような症状が見られると言われています。

その他に胸焼けや鼻づまり、吐き気、蛍光灯がチカチカして見えたりといった症状もありますが、これも一般的な症状ですので不安に思うことはありません。

逆に効果があらわれはじめたサインとも言えます。

体内的な副作用

バイアグラの効果には個人差がありますが、効果が持続する時間は平均して5時間程度と言われています。
ですが、ごく稀に持続時間を大幅に超えても勃起症状が続く場合があります。これは持続勃起症と呼ばれるもので、陰茎動脈が破れ大量の血液が陰茎海綿体に流れ込んでしまっている時に起こる可能性がある症状です。

1日経っても症状が治まらない早急に泌尿器科で診察することが必要です。
また、持続勃起症には突発的に耳が聞こえなくなるといった症状が出る場合があります。

聞こえなくなるというのも、全く聞こえなくなる場合や、聞こえにくくなる場合もあったりと個人差により幅はまちまちですが、ごくまれに起きる症状で、あくまでも一時的なものだと言われています。

これらの副作用を事前に把握しておくことで、いざその症状があらわれた時に不安に煽られるなく適切な行動ができますのできちんと把握しておくことが大切です。

次に服用時の注意点ですが、バイアグラの成分シルデナフィルは血流に大きく作用します。
当然ですが心臓病や不整脈、脳梗塞や心筋梗塞などの持病がある方は服用は絶対におすすめしません。
どうしても服用したいという場合には安易に手を出さず医師に相談することを強くおすすめします。

バイアグラ通販