バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック

バイアグラにはED治療薬で唯一、ジェネリック(ジェネリック医薬品)が発売されています。ジェネリックとは新薬(先発薬とも。つまりここではバイアグラのこと)が持つ特許が切れることで、製造及び開発したメーカーの独占が切れ、他社により同成分で作られた薬の事を言います。

国内でバイアグラの特許が切れたのは2014年です。しかし海外、特に薬に関する法律が独自のインドではそれ以前よりバイアグラのジェネリック(このサイトではバイアグラジェネリックと呼称)が販売されていました。現在でも変わりない人気を誇っており、通販を利用して購入をします。

値段を比べてみると、国内製のバイアグラジェネリックの半額以下で購入出来る場合が多いのです。なんと100mg錠が1シート(4錠入り)、2000円以下で購入出来る商品も!もちろん診察費や処方料も必要ありません。

通販ですから送料のみが必要ですが(条件をクリアすれば送料も無料)、それでも医療機関で処方してもらうよりコストが安くなるため、今まで躊躇されていたEDの方も利用しやすくなっています。

こちらのページではその「海外製のバイアグラジェネリック」を中心に、どのような製品があるのかをざっとご紹介していこうと思います。また改めてジェネリックについてを。そしてなぜインドでは特許の切れていない薬のジェネリックも購入出来るのか?に迫りたいと思います。

海外製のバイアグラジェネリック

それでは早速バイアグラのジェネリックをご紹介しましょう。ここでは通販を利用して購入出来る海外製のジェネリックを中心にご紹介して参ります。海外製のバイアグラジェネリックを購入するメリットは冒頭でもお話したように非常に安価であること。医療機関で処方される場合よりもかなり手に入れやすいのが特徴です。

また通販はインターネットさえ出来る環境下であれば、時間や場所を選ばずに注文が出来ます。EDがコンプレックスである方は他人に知られるのが嫌と思う方も大勢いらっしゃるでしょう。そんな方でも通販を利用すればそのコンプレックスを克服する事が出来るのです。ぜひバイアグラのジェネリックを試し、自信を取り戻して下さい。

カマグラ

カマグラ

カマグラは海外で販売されるバイアグラのジェネリックでもずば抜けた知名度を持っているED治療薬です。販売している製薬メーカーはなんとインドにあります!アジャンタファーマという企業で、バイアグラのジェネリック以外にもレビトラ、シアリスを始め他の医薬品のジェネリックを多く製造販売しているのです。

その話はさておき、カマグラはなんといっても価格の安さが魅力です。50mg錠、100mg錠を1シート購入したとしても2000円もかかりません。通販サイトによっても多少価格は違いますが1800円でどちらも購入する事が出来ます。

そのため購入の際はぜひ100mg錠を選んでみて下さい。と言いますのも半分に割って使用する事で実質その価格をさらに下げる事ができ、コストパフォーマンスを向上させることが出来るのです。日本人男性は海外の男性に比べ体格が小さいので50mgでも十分に効果を実感する事が出来ます。

100mgを使われた場合は今まで体感したことのない勃起を得ることが出来るでしょう。ただし副作用も出やすくなっているので、まずは50mgで体を慣らしてから使って下さい。使うタイミングや併用禁忌薬などもバイアグラと同じですので十分に注意をしましょう。

バイスマ

バイスマ

バイスマはまだ新しいバイアグラのジェネリックで、スマート社(スマートメディサイエンス)から発売されています。海外の企業では珍しいことに主に日本をターゲットに販売されているため、非常に使いやすいと思います。

シートを1錠ずつ切り離して使えるので、パッケージごとわざわざ持ち運びしなくても良い利便性が、日本人好みに作られていると実感をするでしょう。価格に関してもカマグラとほぼ同じなのでどちらを選ばれるかは完全に好みが分かれるはずです。

品質に関しても徹底しており、最新の設備を整えて製造しているため効果は遜色がありません。安心して使えるバイアグラジェネリックではないでしょうか?またバイスマは見た目がほぼバイアグラと同じ形状と色です。カマグラの緑色に少し抵抗を持たれる方はついこちらを選んでしまうかもしれません。

シラグラ

シラグラも有名バイアグラジェネリックの1つで、インドでかなりの大手である製薬メーカーのシプラ社から販売されています。先にご紹介したカマグラ、バイスマよりも若干ではありますが価格が高いものの使いやすさから選ばれる方が多いのが特徴です。

シラグラは25mgや50mgが無く100mgしか無いのですが、なんと錠剤にあらかじめ割れ目が付いているので、分割して使われたい場合はピルカッターいらずで調整が出来ます。こういった細かい配慮は案外嬉しいですよね?

何回かお伝えしていますが100mgは体格が大きな外国人向けに作られています。外国人よりも体格が小さい日本の男性は副作用が強めに出てしまう恐れがありますので、まずは半分にカットして50mgからお使いになるとちょうど良いでしょう。

使い方はバイアグラと同じようにセックスの約1時間前くらいに服用して下さい。そして食事の影響を受けやすいので、空腹時に飲みましょう。ただ使ってから30分ほど経過すれば、有効成分のシルデナフィルは吸収され始めているので食事をしても構いません。

ジェネリックは通販を利用して購入

現在、バイアグラを入手する方法として日本で認められているのは病院でお医者さんの診察を受けて処方してもらう方法と、個人で輸入する方法の2つしかありません。

バイアグラは日本の厚生労働省によって国内の病院での処方が認められているED薬なので、言わば国のお墨付きです。
ですが病院で処方してもらうには診察が必ず必要になるので、誰かに知られる可能性があったり、診察料がかかったり、何より病院で処方されるバイアグラは一錠1500円~2500円でかなり高額というデメリットがあります。

個人輸入によるメリット

こういったデメリットを解消してくれるのが個人輸入による購入です。
個人輸入での購入であれば誰にも知られずに購入できるだけでなく、診察を受ける必要もないので診察料もかかりません。

そして何より病院から処方される金額より破格の安さで購入できるといった多くのメリットがあります。
病院から処方されるバイアグラは一錠1500円~2500円とお話しましたが、個人輸入で且つジェネリック医薬品の購入であれば、およそ10分の1の価格で購入することができます。

また、今ではED薬の種類も豊富になり、それぞれ特徴を持った薬がたくさん販売されているので、自分にあったED薬を購入することができます。

もちろん海外からの個人輸入となるので個人輸入代行業者を介して購入しなければいけません。
個人輸入代行業者もたくさんあり、中には偽造品を販売している悪徳業者もあるので信用性の高い業者を探すことはもちろん、個人での輸入となるため、国からのお墨付きもなければ注文から購入まで全て自分で行わなければならないといったデメリットもありますが、プライバシーの面だったり価格を考えればそれでも個人輸入での購入の方がメリットがあると言えます。

ただ、個人輸入での購入の場合、商品は海外から送られてきますので、梱包だったり発送状態が日本人では考えられない状態で届くことがあったりするのであるのである程度の理解が必要です。
また、海外からの発送なので商品が手元に届くまでに1週間程度の時間がかかります。予め使う予定がある場合は日数に余裕を持って購入しておく必要があります。

oCAO̒ʔ