バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック

バイアグラにはED治療薬で唯一、ジェネリック(ジェネリック医薬品)が発売されています。ジェネリックとは新薬(先発薬とも。つまりここではバイアグラのこと)が持つ特許が切れることで、製造及び開発したメーカーの独占が切れ、他社により同成分で作られた薬の事を言います。

国内でバイアグラの特許が切れたのは2014年です。しかし海外、特に薬に関する法律が独自のインドではそれ以前よりバイアグラのジェネリック(このサイトではバイアグラジェネリックと呼称)が販売されていました。現在でも変わりない人気を誇っており、通販を利用して購入をします。

値段は安いけど効果はバツグン!

しかも海外製のバイアグラジェネリックは、国内で処方されるバイアグラ、あるいはバイアグラジェネリックよりも安く購入出来るのです。なんと100mg錠が1シート(4錠入り)、2000円以下で購入出来る商品も!もちろん通販なら診察費や処方料は必要ありません。

医療機関の半額で購入でき、かなりコストカットをすることが可能です。そのため、今までED治療薬の処方を躊躇されていた方も断然利用しやすくなっています。ぜひ通販で海外製のバイアグラジェネリックを購入し、EDを克服しましょう!

海外製のバイアグラジェネリック

それでは早速バイアグラのジェネリックをご紹介しましょう。ここでは通販を利用して購入出来る海外製のジェネリックを中心にご紹介して参ります。海外製のバイアグラジェネリックを購入するメリットは冒頭でもお話したように非常に安価であること。医療機関で処方される場合よりもかなり手に入れやすいのが特徴です。

また通販はインターネットさえ出来る環境下であれば、時間や場所を選ばずに注文が出来ます。ED(勃起不全)がコンプレックスである方は他人に知られるのが嫌と思う方も大勢いらっしゃるでしょう。そんな方でも通販を利用すればそのコンプレックスを克服する事が出来るのです。ぜひバイアグラのジェネリックを試し、自信を取り戻して下さい。

カマグラ

カマグラ

カマグラは海外で販売されるバイアグラのジェネリックでもずば抜けた知名度を持っているED治療薬です。販売している製薬メーカーはなんとインドにあります!アジャンタファーマという企業で、バイアグラのジェネリック以外にもレビトラ、シアリスを始め他の医薬品のジェネリックを多く製造販売しているのです。

その話はさておき、カマグラはなんといっても価格の安さが魅力です。50mg錠、100mg錠を1シート購入したとしても2000円もかかりません。通販サイトによっても多少価格は違いますが1800円でどちらも購入する事が出来ます。

そのため購入の際はぜひ100mg錠を選んでみて下さい。と言いますのも半分に割って使用する事で実質その価格をさらに下げる事ができ、コストパフォーマンスを向上させることが出来るのです。日本人男性は海外の男性に比べ体格が小さいので50mgでも十分に効果を実感する事が出来ます。

100mgを使われた場合は今まで体感したことのない勃起を得ることが出来るでしょう。ただし副作用も出やすくなっているので、まずは50mgで体を慣らしてから使って下さい。使うタイミングや併用禁忌薬などもバイアグラと同じですので十分に注意をしましょう。

バイスマ

バイスマ

バイスマはまだ新しいバイアグラのジェネリックで、スマート社(スマートメディサイエンス)から発売されています。海外の企業では珍しいことに主に日本をターゲットに販売されているため、非常に使いやすいと思います。

シートを1錠ずつ切り離して使えるので、パッケージごとわざわざ持ち運びしなくても良い利便性が、日本人好みに作られていると実感をするでしょう。価格に関してもカマグラとほぼ同じなのでどちらを選ばれるかは完全に好みが分かれるはずです。

品質に関しても徹底しており、最新の設備を整えて製造しているため効果は遜色がありません。安心して使えるバイアグラジェネリックではないでしょうか?またバイスマは見た目がほぼバイアグラと同じ形状と色です。カマグラの緑色に少し抵抗を持たれる方はついこちらを選んでしまうかもしれません。

シラグラ

シラグラも有名バイアグラジェネリックの1つで、インドでかなりの大手である製薬メーカーのシプラ社から販売されています。先にご紹介したカマグラ、バイスマよりも若干ではありますが価格が高いものの使いやすさから選ばれる方が多いのが特徴です。

シラグラは25mgや50mgが無く100mgしか無いのですが、なんと錠剤にあらかじめ割れ目が付いているので、分割して使われたい場合はピルカッターいらずで調整が出来ます。こういった細かい配慮は案外嬉しいですよね?

何回かお伝えしていますが100mgは体格が大きな外国人向けに作られています。外国人よりも体格が小さい日本の男性は副作用が強めに出てしまう恐れがありますので、まずは半分にカットして50mgからお使いになるとちょうど良いでしょう。

使い方はバイアグラと同じようにセックスの約1時間前くらいに服用して下さい。そして食事の影響を受けやすいので、空腹時に飲みましょう。ただ使ってから30分ほど経過すれば、有効成分のシルデナフィルは吸収され始めているので食事をしても構いません。

アグラゴールド

アグラゴールドはインドの製薬メーカーであるHealth&Beautyから販売されているバイアグラジェネリックです。バイスマと同じく海外製のジェネリックでありながら、日本をターゲットにしているためパッケージは日本語表記されています。

またバイアグラジェネリックの中でも安価な部類に入るのでよりコスト重視の方はアグラゴールドを選択肢に入れるといいのではないでしょうか?日本をターゲットにしていると言っても、やはり海外製のジェネリックですから100mgのタイプしかありません。

そのため初めてED治療薬を使われる方はそのまま服用すると副作用が起きやすくなってしまいます。まずはピルカッターで半分にカットして50mgから使いましょう。見栄を張ってそのまま服用し、肝心な時に動けなくなる程情けないことはありません。

アグラゴールドは安価でありながらも、バイアグラと遜色のない効果を発揮し、もちろん副作用も出てしまうので十分使い方にはご注意下さい。

ラブスマ

ラブスマ

なんと海外製のバイアグラジェネリックには女性用も存在しています。それがラブスマです。有効成分はもちろんシルデナフィルです。バイスマと同じスマート社から販売されています。バイアグラは男性が使う薬というイメージを持たれている方は多いと思います。

しかし女性にもシルデナフィルが持つ血管拡張作用は有効で、特に事故が起きたという報告は今のところなく安全に使える薬なのです。では女性用バイアグラのラブスマは一体どのような効果を得られるのか?それは女性の不感症に適しているとされています。

不感症は精神的にセックスが苦痛であると言ったことも関係していますが、実は血行の悪さにより感度がとても鈍っていると指摘されています。そこでラブスマを使うと血流が改善され、下半身にも巡るようになり、女性器(膣やクリトリス)の感度が上がるのです。

もちろんこの作用は男性がバイアグラを使う場合と同じように性的興奮しなければ起きません。つまり女性用バイアグラも性的興奮を得やすくなったり、性欲を昂ぶらせる媚薬ではないことを良く理解して起きましょう。ちなみに女性用バイアグラにもいくつかの種類がありますので、これよりご紹介致します。

ラブグラ

ラブグラも女性用バイアグラです。元々はラブグラ=女性用バイアグラというイメージが強く、どの通販サイトを見てもイチオシ商品でした。こちらはカマグラでおなじみのアジャンタファーマから発売されています。海外製のバイアグラジェネリックなので、通販のみで販売、値段がとても安いのが特徴です。

ラブグラは不感症のために使われます。男性の場合と同じようにシルデナフィルが血流を活発にさせて、下半身に血液が集中するのです。すると性器の感度が上がりやすくなり、セックスの際に起きる痛みが少なくなるので、今までよりも楽しめることが出来るでしょう。

国内製のバイアグラジェネリック

2014年に国内でもバイアグラジェネリックが発売されるようになりました。それにより国内でも需要は高まったと思います。しかし海外製のバイアグラジェネリックと値段を比較してみると、国内製のほうがやはり高いのが現状です。

国内製のバイアグラジェネリックは通販で購入出来ません。医療機関へ行き、処方してもらう必要があります。バイアグラと同じようにその日にもらうことが出来るのですぐに使えるというメリットは捨てがたいのではないでしょうか?現在は多くのメーカーから販売されていますので、一部をご紹介致します。

参考:バイアグラジェネリック | ED治療・薄毛治療・AGAの悩みならユナイテッドクリニック

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」

東和薬品はジェネリックのみを製造販売している製薬メーカーで、国内におけるジェネリックのシェアはトップクラスです。その東和薬品から発売されているのがシルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」。商品名のシルデナフィルは、バイアグラの主成分であるシルデナフィルから取られており、OD錠とは水無しでも飲める錠剤のことを言います。

現在は本家のファイザー社からODフィルムが発売されていますが、それまではジェネリックのみにしかOD錠はありませんでした。そして東和薬品が販売するバイアグラジェネリックには味がついているのも特徴です。コーヒー風味とレモン風味の2つがあり、効果はどちらも変わりません。

また東和薬品のバイアグラジェネリックには割線が入っています。こちらは50mgしか販売されていませんが、割って使うことにより25mgの用量で使う事が出来るので、50mgだと強いという方は割って使いましょう。ただ、素手だとちょっと固いようなのでピルカッターを使うことをおすすめします。

使い方の注意ですが、OD錠なので濡れた手で触るとすぐに溶け出すのでご注意下さい。必ず乾いた手で使いましょう。そしてすぐに溶けるからといって即効性が上がっているわけではないようです。効果の発現は本家バイアグラと同等の時間が必要なので間違えないようにしましょう。

値段は1錠あたり1000円前後で処方している医療機関が多いようです。詳細な値段を知りたい場合は、その都度医療機関へ問い合わせて下さい。

通販を利用すれば安価に購入出来る

通販を利用すれば安価に購入出来る

現在バイアグラを入手する方法として日本で認められているのは、医療機関へ行き処方してもらう方法と、通販(個人輸入)を利用して海外のバイアグラを購入するという方法の2つしかありません。医療機関で処方してもらうには診察が必ず必要になり、しかも1錠1500円~2500円とかなり高額です。

先程もご説明しましたが、2014年からは国内製のバイアグラジェネリックも発売されたため、費用の負担は減ったと思います。しかしこちらも1錠1000円程度と、長く使えば確かにジェネリックの方がお得ではありますが、短期間で見ればそこまで負担が減ったとは感じにくいでしょう。

しかし通販であれば値段の差はかなり違います。バイアグラもそうなのですが、特にバイアグラジェネリックに関しては相当の差があるので、定期的に使えば負担が大幅に現象し、EDでお悩みの方も利用しやすいはずです。

個人輸入によるメリット

こういったデメリットを解消してくれるのが個人輸入による購入です。個人輸入での購入であれば誰にも知られずに購入できるだけでなく、診察を受ける必要もないので診察料もかかりません。そして何より病院から処方される金額より破格の安さで購入できるといった多くのメリットがあります。

病院から処方されるバイアグラは一錠1500円~2500円とお話しましたが、個人輸入で且つジェネリック医薬品の購入であれば、およそ10分の1の価格で購入することができます。

また、今ではED薬の種類も豊富になり、それぞれ特徴を持った薬がたくさん販売されているので、自分にあったED薬を購入することができます。もちろん海外からの個人輸入となるので個人輸入代行業者を介して購入しなければいけません。

個人輸入代行業者もたくさんあり、中には偽造品を販売している悪徳業者もあるので信用性の高い業者を探すことはもちろん、個人での輸入となるため、国からのお墨付きもなければ注文から購入まで全て自分で行わなければならないといったデメリットもありますが、プライバシーの面だったり価格を考えればそれでも個人輸入での購入の方がメリットがあると言えます。

ただ、個人輸入での購入の場合、商品は海外から送られてきますので、梱包だったり発送状態が日本人では考えられない状態で届くことがあったりするのであるのである程度の理解が必要です。また、海外からの発送なので商品が手元に届くまでに1週間程度の時間がかかります。予め使う予定がある場合は日数に余裕を持って購入しておく必要があります。

バイアグラの偽物に気を付けましょう

バイアグラを始め、ED治療薬は通販で購入される方がとても多いです。EDによる偏見は以前と比べればかなり無くなった方だとは思いますが、やはりデリケートな問題に変わりはありません。ED専門のクリニックも増えましたが、医師と言っても他人に知られることに抵抗を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そして先述したように医療機関で処方されるジェネリックよりも安価なため、購入しやすいのも人気の理由でしょう。そういった面から通販でバイアグラジェネリックを購入される方がとても多いのです。しかしそれを逆手に取った通販サイトも中にはあるようで、バイアグラの偽物を送りつける業者もいます。

小麦粉だけで作られたバイアグラの偽物はほぼ無害と言っていいでしょう。しかし着色料にペンキ、プリンターのインクが使われているものもあり、その偽物を掴まされて場合は健康被害を起こしてしまう可能性が高いです。製造工場もかなりずさんな管理体制であり、不衛生といわれています。

また薬効成分に使われているのがシルデナフィルだけとは限らず、様々な成分が色々と混ざっているバイアグラの偽物もあるのだとか。そのため思わぬ副作用が出てしまう可能性も非常に高くとても危険です。安さに惑わされず、通販サイトの見極めをしっかりと行いましょう。

oCAO̒ʔ