バイアグラには数多くのジェネリック医薬品が存在しています。同一成分を含みながらも安価で購入する事ができるので、とてもおすすめです!

バイアグラのジェネリック医薬品と個人輸入

日本で認められているED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類の薬となっており、勃起不全を改善する効果はどれも同様ですが、それぞれ主成分が異なるので特徴が異なってきます。

特許が切れてからいろいろな製薬会社からバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類にはジェネリック医薬品というものも登場しており、先発薬に比べ安価に購入することができ、先発薬と同一の成分が含まれているので効果や効能もなんら変わりはありません。

特にバイアグラには多くのジェネリック医薬品が存在します。
バイアグラを使用したことがある方は、一度バイアグラのジェネリック医薬品の方も服用してみることをおすすめします。
同一の成分を含んでいて、価格もかなり抑えられているので、お試し頂く価値があるかと思います。
低価格という事もあり、数あるジェネリック医薬品を飲み比べしているという方も結構多いようです。
バイアグラのジェネリック医薬品として有名どころですと

■カマグラ・カマグラゴールド
■シラグラ
■センフォース


各種勃起不全改善薬

などがありますが、どれもバイアグラの4分の1から6分の1程度の価格で購入することができます。
成分が同一で価格を抑えたジェネリック医薬品は海外通販などの個人輸入で購入する事が可能です。

個人輸入とバイアグラの関係

現在、バイアグラを入手する方法として日本で認められているのは病院でお医者さんの診察を受けて処方してもらう方法と、個人で輸入する方法の2つしかありません。

バイアグラは日本の厚生労働省によって国内の病院での処方が認められているED薬なので、言わば国のお墨付きです。
ですが病院で処方してもらうには診察が必ず必要になるので、誰かに知られる可能性があったり、診察料がかかったり、何より病院で処方されるバイアグラは一錠1500円~2500円でかなり高額というデメリットがあります。

個人輸入によるメリット

こういったデメリットを解消してくれるのが個人輸入による購入です。
個人輸入での購入であれば誰にも知られずに購入できるだけでなく、診察を受ける必要もないので診察料もかかりません。

そして何より病院から処方される金額より破格の安さで購入できるといった多くのメリットがあります。
病院から処方されるバイアグラは一錠1500円~2500円とお話しましたが、個人輸入で且つジェネリック医薬品の購入であれば、およそ10分の1の価格で購入することができます。

また、今ではED薬の種類も豊富になり、それぞれ特徴を持った薬がたくさん販売されているので、自分にあったED薬を購入することができます。

もちろん海外からの個人輸入となるので個人輸入代行業者を介して購入しなければいけません。
個人輸入代行業者もたくさんあり、中には偽造品を販売している悪徳業者もあるので信用性の高い業者を探すことはもちろん、個人での輸入となるため、国からのお墨付きもなければ注文から購入まで全て自分で行わなければならないといったデメリットもありますが、プライバシーの面だったり価格を考えればそれでも個人輸入での購入の方がメリットがあると言えます。

ただ、個人輸入での購入の場合、商品は海外から送られてきますので、梱包だったり発送状態が日本人では考えられない状態で届くことがあったりするのであるのである程度の理解が必要です。
また、海外からの発送なので商品が手元に届くまでに1週間程度の時間がかかります。予め使う予定がある場合は日数に余裕を持って購入しておく必要があります。

バイアグラ通販