EDの治療方法としてはいくつかありますが、ストレス社会と言われている日本においてはED治療薬による治療が一番適していると言えます!

ED治療薬を推進
女性とバイアグラ

バイアグラ…その名称を聞けばどういったお薬なのかというのは、みなさん想像が付くと思います。
大抵の方が想像する通り、勃起不全(ED)という症状を改善するのに効果的なお薬になります。

この勃起不全という症状ですが、今現在その症状に悩む成人男性はとても数が多く、日本における勃起不全の男性は軽度から重度まで合わせると1800万人と言われています。

単純計算で約3人に1人がEDもしくはED気味という事になりますが、これは日本の国民性などが深く影響していて、特に近年ではストレス社会などと言われており、精神的負荷を受け毎日生活している人がたくさんいますが、それ以外にも食生活や、不摂生といった生活習慣も原因と考えられています。

日本は世界から見てもストレス社会と言われるほど生真面目であるがゆえの知らないうちにストレスを溜め込んでしまいます。
また、内気、内向的な人間性が根本的な部分には存在する事と、あまり性に対してオープンになれない部分があげられるといいます。

ただし、男性はもちろん、女性にも知っておいてもらいたいのが、このEDという現象はしっかりとED治療という分野があるとおり、治療をすることで改善される症状であるということです。
女性からEDの治療を勧めるということはなかなか抵抗があることと思いますが、EDは男性だけの問題ではありません。

男性とパートナーの女性、2人の問題として認識すれば抵抗なども軽減されます。
お互いに長くパートナーとしての関係を続けていく上で、普段の生活以外に、夜の営みというのはコミュニケーションの一つのツールとして大切な事であると思います。

稀にある話ですが、夜のテクニックがすごいから関係を切ることができないという男女がいるように、それほど性生活というのは男女の関係においてとても重要なものなのです。
なので、EDは放置せずにED治療薬など服用し、しっかり治療するようにしましょう。

バイアグラと他のED治療薬の比較

偏にED治療薬といっても治療薬はバイアグラだけではありません。
当時、夢の薬と呼ばれたそれを皮切りに、今では多くのED治療薬が開発されています。

世界三大ED治療薬

認知度が高く、世界三大ED治療薬と呼ばれているのが、バイアグラレビトラシアリスです。
このレビトラ、シアリス2つのED治療薬はそれぞれ勃起を促す効果があるという本質は同じながらも、効果の持続性や副作用が異なります。

そのおかげで現在の私たちは自分の体質や体調に合った治療薬を服用すること可能となりました。
それぞれの特徴を知り、自分にあった治療薬を選択することで、より体への負担を軽減し、安心して服用することができます。

また、レビトラ、シアリスはバイアグラの欠点を改善する目的で開発されたとも言われており、バイアグラがそもそもの基準となっていると言っても過言ではありません。

ED治療薬徹底比較

ではバイアグラと比べてレビトラ、シアリスはどう違うのかを考えてみると…

レビトラはバイアグラの次に古い歴史をもち、世界で2番目に開発されたED治療薬です。
アスピリン開発で有名なドイツのバイエル社によって2004年から製造・販売されており、その開発にはバイエル、シェリング・プラウ、グラクソ・スミスクラインという3社が携わっており、厳密にはその3社によって共同開発された薬です。

レビトラの効果としてはバイアグラに比べ、服用のタイミングは同じながらも即効性が早く最短で10分で効果があらわれます。持続性を比較しても20mgの服用で8時間~10時間と長く空腹時でも満腹時でも同じような効果が得られます。

次にシアリスですが、アメリカのイーライリリー社によって開発され、国内では2007年に認可された日本では1番新しいED治療薬です。
主な特徴として、先述の2つのED治療薬とは成分が異なり、タダラフィルと呼ばれる成分が配合されています。このタダラフィルはシルデナフィルと同等の効果がありますがそれに加え、持続時間が極端に長いという特徴があります。

服用のタイミングは行為に及ぶ2時間前とされ、即効性は他のED治療薬には劣りますが、持続時間が24時間~36時間と非常に長く、効果がゆるやかで体への負担が少ない薬です。

このように、それぞれに一長一短のメリット・デメリットがあります。
ED治療はそれぞれのお薬の特徴を理解し自分なりに比較してみた後、より自分にあった治療薬を選ぶことが大切です。

バイアグラ通販