世界的に人気を集めるバイアグラだけに数多くの偽物が出回っています。本物と偽物の見分け方を把握し偽物を購入しないようにしましょう!

ジェネリックの需要

前項(バイアグラのジェネリック医薬品と個人輸入)でも説明しましたが、バイアグラからは多くのジェネリック医薬品が登場しています。
ジェネリック医薬品の定義としては先発薬の特許期間が満了した後に販売することが許されている成分が等しく価格が安い医薬品とされています。

定義の通りで、実際にバイアグラのジェネリック医薬品もとても安価で購入する事ができます。
そのため以前からバイアグラを好んで服用していた人も、ジェネリック医薬品を購入するようになったり、バイアグラの購入の際に費用で悩んでいた人も比較的簡単に購入できるようになりました。

簡単に購入できるという点においては、メリットのようにも感じますが、そのメリットに乗じて偽物を販売する悪徳業者というのが存在します。
実際に本物か偽物か、本当に同一の成分で作られているかという事を一般的な人に確認する術はなく、気づかないまま服用している人がいるというのも事実です。
そのため購入する際は国から認可を受けている病院、もしくは信頼のおける個人輸入代行業者からの購入が望ましいです。

偽造バイアグラの判別
偽造バイアグラ

バイアグラを個人輸入する際に気を付けておきたいのが偽物や偽造品です。

現在、世界で販売されているバイアグラの半分以上は偽物と言われているほど偽造品が出回っており、偽造品を製造する業者も多く存在します。

偽造品を服用することによる健康被害も増えており、ED治療薬のメーカーも注意喚起をしていますがそれでも偽造品は増加傾向にあるのが現状なので個人輸入で購入する場合には偽造品を購入することがないよう、正規品と偽造品の見分け方はしっかりと把握しておきたいところです。

偽物の種類

偽造品を見分ける方法としては色の違い、表面の状態、製薬会社のロゴ、溶け方、原産国、これらの確認をすることで偽造品の判別は可能です。

色の違いによる判別…
正規品に比べて色が極端に濃い、または極端に薄かったり錠剤の色にムラがあったりするのが偽造品の特徴です。

表面の状態による判別…
正規品はなめらかでつやがありますが偽造品はざらざらした見た目で突起があったりします。

製薬会社のロゴによる判別…
正規品は製造元であるファイザーのロゴが鮮明に刻印されているのに対し、偽造品はロゴが薄かったり刻印の文字が丸かったり太かったりするので一目で判別が可能です。

錠剤の溶け方による判別…
実際に購入してみないと判別が不可能ですが、購入したバイアグラが正規品か偽造品かを確かめる意味での判別方法です。
偽造品は水に溶かすととても溶けにくくダマになって残る特徴があります。製薬会社によって具合は異なりますが、多くの場合は成分が容器に付着して落ちないといった特徴もあります。

原産国による判別…
偽造品の多くは米国、シンガポール、香港、中国で製造されていると言われています。
購入を検討する際にはきちんとした製薬会社が記載されているか。発送国(原産国)はどこか。を販売元に問い合わせて確認すれば大抵は偽造品に騙されることはありません。

最後に、現在国内において販売されているバイアグラの正規品の成分量は25mgと50mgの2種類のみです。
たまに国内正規品100mgと記載し販売されているバイアグラをネットで見かけますが、国内正規品で50mg以上は存在しないので、こういったものは間違いなく偽造品です。
※個人輸入の代行業者の場合は100mgの販売があります。

偽造品は安価で提供されているのでついつい手を出してしまいがちですが、大きな落とし穴があることを忘れてはいけません。

バイアグラ通販