バイアグラはEDに絶大な効果を発揮する

バイアグラはEDに絶大な効果を発揮する

バイアグラは数多くある薬の中でも多くの方が一度は聞いたことがある知名度を誇っています。その革新的な効果が根付いた理由なのではないでしょうか?その効果とはずばりEDの改善です。かつてはどのような治療方法でも完全な回復が出来なかったEDをたった1錠で改善させる事が出来たため、一躍その名が広まりました。

発売から20年ほど経ち、ジェネリックも発売されるようになりました。しかし今でもバイアグラというブランドは揺るぎない人気を誇っています。2016年には携帯性・さらなる即効性に優れたODフィルムも発売され、未だ発売元のファイザー製薬の主力商品であります。

今ではバイアグラを始めとしてED治療薬は3種類発売され、それぞれの特徴により好みのものを選べることが出来る時代になりました。しかしED治療薬は保険適用されない薬であるため全額負担する必要があります。つまり非常に値段の高い薬なのです。

ただ、バイアグラには値段の安いジェネリックも発売されており、医療機関で希望すればすぐに処方を行ってくれます。しかし購入方法を変えればさらに安いバイアグラジェネリックを使う事が出来るのです。それは通販を利用すること。値段の安い海外のジェネリックなら負担を大幅に減らせ、もちろん効果・副作用・使い方は変わらないのでとても需要が高くなっています!

バイアグラの特徴

たった1錠で勃起出来なかったペニスを改善するバイアグラ。その使い方は至って簡単です。普通の錠剤のように飲むだけで男性の自信を回復させる効果を持っています。それは優れた血管拡張作用によって、血流を促進させペニスへ集中的に流し込むためです。

勃起のメカニズムには血液の流れも重要で、ペニスへ十分に血液が流れ込まなければ膨張しません。また体内で分泌される物質も血液の流れによって促進されるので非常に重要な要素なのです。また勃起の邪魔になるPDE5という酵素の働きを阻害する作用も持っており、勃起の鎮静を防ぐことが出来るのです。

ただデメリットとしては副作用が他のED治療薬よりも起きてしまいやすいこと。そして効果持続時間が一番短いこと。服用するタイミングなど、いくつか気を付ける必要があります。バイアグラは効果がストレートに出るED治療薬といえるでしょう。

そこでバイアグラの効果や副作用、持続時間、服用のタイミングなど特徴をご説明して参りますのでぜひとも覚えて下さい。EDを発症してしまいバイアグラを使おうか検討されている方は当サイトを見ればすぐに実践に移せますよ!

バイアグラの効果が続く時間

バイアグラはED治療薬の中で最も勃起の硬さを感じられるのですが、正しく使わなければその恩恵を受ける事が出来ません。また効果持続時間が一番短いというデメリットも持っています。第2のED治療薬レビトラは最長で10時間ほど。シアリスに至っては最長36時間も効果が続くのです。

一方、バイアグラの効果持続時間は5~6時間。比較をしてみるといかに短いかがお分かりいただけるでしょう。しかしメリットとして考えれば一晩だけ効果を得たいと思われている場合はとても重宝します。仮に副作用が出てしまえばその分短くも済みます。

持続時間が長ければいいというものではないですし、硬さが最も出るというのも人によっては効果が強すぎると思われる方もいます。考えようによって何が使う人のメリット・デメリットになるかはそれぞれです。特徴をしっかり把握すればバイアグラを始めED治療薬をうまく使えるのではないでしょうか?

バイアグラは空腹状態で飲みましょう

薬を飲む時には時間帯や食事の前後などを指定されると思います。それぞれ作用時間などが違うためです。バイアグラに関しては空腹状態の時に飲むのが最も効果を得られやすいタイミングなので、出来る限り食前に使いましょう。

なぜならばバイアグラの有効成分であるシルデナフィルは非常に食事の影響を受けやすいためです。満腹時に飲むと消化のために体内の血液が使われてしまい、ペニスへ十分な血液を送りこむことが出来なくなります。高い勃起促進作用を持つバイアグラでも、それにより効果が鈍化されてしまうのです。

時間的な都合によりどうしても食後にしか飲むタイミングが無かった場合、あるいは急にその機会が訪れた時は食後2時間以上経過していればさほど問題はありません。ただし消化の良い料理を食べていた時に限ります。最も駄目なパターンとして油分の多い料理を食べた場合なのです。

シルデナフィルは腸内から吸収されるわけなのですが、油分が腸壁にひっついてしまうと吸収が阻害されていまいます。つまり十分な薬効が得られず勃起にも影響してしまうのです。そのためバイアグラを使われる際は油分の多い料理は極力食べないようにしましょう。スタミナが付くと言って、肉などを食べることも控えた方がいいかもしれません。なるべくあっさりした料理を食べて下さい。

バイアグラを使うタイミング

バイアグラは比較的効果の発現が早い薬です。そのためセックスを行う前の1時間前に飲めば十分な効果を実感する事が出来るでしょう。およそ30分くらいから効き始めてきます。しだいに全身の血流が促進され、少しの性的興奮でもペニスが反応するでしょう。

そして効果持続時間はおよそ5~6時間。1日における時間としては十分な時間ではないかと思いますが、より長い効果時間を希望するのであればレビトラやシアリスを選んでみてもいいかもしれません。ですので2時間前、3時間前に使うと気づいた時には効果が弱くなっていた、ということもありますのでタイミングもしっかりと覚えておいて下さい。

バイアグラとアルコールの相性

薬はアルコールの摂取は控えるように言われるものですが、バイアグラはアルコールを摂取しても問題ありません。むしろその逆で、アルコールによるリラックス作用がその効果をより高めると言うのです。

と言いますのもEDは精神的な事も関係している、と何回か申したわけですがそういったプレッシャーが軽減される事でより一層バイアグラの効果も高まっていくのでしょう。しかし1つ注意があります。アルコールの量には気を付けなければなりません。大量に飲まないようにして下さい。

今度は効果が発揮されなくなってしまい、極度の酩酊によりセックスどころではなくなってしまうかもしれません。アルコールを摂取すると気が大きくなってしまいがちですから、節度も守っていきましょう。あくまでも自分をコントロール出来る量が望ましいです。

バイアグラの使用禁忌薬(飲み合わせ)

多くの薬は一緒に飲んではいけない飲み合わせの悪い薬というものがあります。バイアグラも例に漏れず飲み合わせの悪い薬があり、これを守らなければ重大な事故につながってしまいます。最悪のケースだと死に至る事もありますので必ず守って下さい。

バイアグラは血管を拡張する作用を持っています。それにより血圧が下がるわけなのですが、同じ作用を持つ降圧剤(血圧を下げる薬)を一緒に使ってはいけません。その作用が合わさってしまい、急激に血圧が下がってしまう恐れがあるためです。

その中でも硝酸剤(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド)を普段から常飲されている方は、バイアグラを一緒に使ってはいけません。これは狭心症に使う薬なのですが、併用してしまうと過度に心臓へ負担がかかってしまいます。

また、不整脈を抑える作用を持つ塩酸アミオダロン製剤との併用も重大な副作用が起きる可能性が高いので使用されている方は十分注意をして下さい。バイアグラは医薬品です。使い方を間違えてしまうと、途端に危険なものへと変わることを理解しましょう!

バイアグラの服用が推奨される方

バイアグラの服用が推奨される方はもちろん、薬の名称にもあるように「ED(勃起不全)に悩まれている方」です。EDは勃起がうまく出来なくなる症状で、完全に勃起が出来なくってしまいます。

しかしそれ以外にもEDの症状はあり、セックスの最中に中折れをしてしまう・最初は勃起が出来るものの次第に萎んでしまう・勃起はするものの硬さが不十分・興奮はするがペニスが反応しない、などもEDの症状に挙げられているので該当する方は実は多くいらっしゃるはず。

勃起とは男性を象徴する現象であるため、自身がEDであることを認めたく無いという方はかなりいらっしゃいます。かつては治療が非常に難しかったED。しかし現在は優れた薬がありますので意地になったり我慢する必要はありません。EDは改善出来る病気なのです。

そのためにバイアグラがあります。上記の症状でお悩みであればまずは使ってみるべきでしょう。驚くべき効果がきっと現れるはずです。しかしバイアグラは副作用が出やすくもあるので、その場合は別のED治療薬を使ってみて下さい。

バイアグラの次に発売されたED治療薬のレビトラ。そして日本で販売される現時点で最新のED治療薬であるシアリス。それぞれバイアグラよりも副作用の発現が少ないので、そちらの方が使いやすいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし勃起促進作用はバイアグラが最も高いので、硬さやED治療薬を使っているという実感を得たい方にとってはバイアグラを使うのがおすすめ。一番最初に発売されたED治療薬ですから多くの利用者がいらっしゃいますし、ネームバリューが最も高いので選びやすさもあるのではないでしょうか?

なぜバイアグラを使うと勃起が出来るのか?

なぜバイアグラを使うと勃起が出来るのか?

バイアグラを使うと今まで勃起出来なかった状態から激変します。初めて使われた場合でもすぐに効果が現れやすく、今までのペニスと違うことに驚かれるでしょう。それは有効成分のシルデナフィルがもたらす2つの作用により実現します。

それは現在日本で販売される3つのED治療薬(バイアグラ含む)の中で最も強く、ペニスの硬さと太さも通常よりアップしている錯覚も覚え、満足感も与えられるはずです。これこそがEDにより失っていた自信を回復させることに繋がりやがてバイアグラを使わなくても自然に勃起が出来るようになってきます。

後程説明をしますがバイアグラは「性欲」や「精力」をアップさせる薬ではありません。あくまでも勃起を促すための薬なので「性的興奮」を感じる必要があります。ある程度の性欲が無ければ効果を実感しにくい薬なのです。

ED治療薬で勃起が出来ない方はまずはその点から見直すことも必要なのでその場合はホルモン剤を使い改善をしてきましょう。性的興奮は男性ホルモンが関係しているためです。

血管を拡張し、ペニスへの血流が増量

バイアグラの有効成分(シルデナフィル)が持つ1つめの作用は「血管拡張作用」です。そのまま字の通り血管を拡げて血流を促進させる効果です。EDは血流が悪いことでも起き、特に中高年の方はその傾向が強く、その理由として血管の老化や生活習慣病になっている方が多いからと言われています。

その作用はかなり強く、集中的にペニスに血液が集まるようになるため、強烈な勃起が出来るようになるのです。これはかつて行われていたED治療ではまず出来なかったことなので、目に見えてその効果が分かるからこそ大ブームが起きたのでしょう。

一方、ペニスだけではなく全身の血管も拡張してしまいます(どのED治療薬もそうです)。最もその作用が強いバイアグラは、勃起を促すだけではなく頭痛や目の充血などの副作用も起きやすいのです。

勃起を鎮める酵素の働きを阻害する

射精し終えた後のペニスはどうなるかお分かりですよね?次第に膨張した状態から萎んでくるはずです。体内で分泌される「サイクリックGMP」と「PDE5」が関わっており、バランスが崩れるとEDを発症してしまうのです。

サイクリックGMP(cGMPとも)は勃起をするために必要な物質で、平滑筋という筋肉を緩める作用があります。すると血液は海綿体へ一気に流れ込みペニスが勃起をするのです。その後射精などで性的興奮がおさまると、今度はPDE5が活発になります。その役割はサイクリックGMPの分解です。

サイクリックGMPが少なくなると、ペニスに留まっていた血液も再び流れ始めます。勃起は血液が滞留した状態なので、維持されたままだとペニスの組織が損傷を起こし、最悪の場合勃起出来なくなる可能性もあるのです。なにより日常生活を送るのに少し邪魔ですよね?つまりこの流れは普通のことなのです。

一方EDの方はサイクリックGMPの分泌が少なくなり、性的興奮がおさまっていない状態でもPDE5による分解でその量が逆転してしまいます。これがうまく勃起出来ない理由で、中折れ・不完全な勃起などはPDE5によるものだったのです。

そのためPDE5の働きをどうにかしなければなりません。それこそがまさにバイアグラのもう1つの作用。「PDE5阻害薬」とも言われており、その働きを阻害しサイクリックGMPの分解を防ぐのです。しかも先に説明した血管拡張作用で、血流が活発になっていますからさらにサイクリックGMPは分泌されます。

これこそがまさにバイアグラの真骨頂でしょう。2つの作用が合わさることで、どんなに頑張っても満足出来なかった勃起が出来るようになるのです。まさに画期的な効果であり、ED治療の第一選択になる理由がお分かりになったかと思います。

バイアグラにより得られるメリット

バイアグラにより得られるメリット

バイアグラを使うメリットはとても多いと思います。まず勃起が出来る事により自信が復活します。EDは男性としての自信を失ってしまう方が非常に多いと言われており、精神的な状況も関わるEDにとって最悪の流れとも言えるのです。しかしスムーズに勃起が出来たらどうでしょう?

今までどうやっても出来なかった事が再び出来るようになるわけです。ある種の感動すら覚える事でしょう。それが続けば自分を責める事は少なくなると思います。次第に自信となって現れるので女性に対してのネガティブな思考はほとんど無くなるはずです。

セックスレスの防止

すなわちセックスの回数も増えることでしょう。EDになると勃起は不完全な状態です。途中で萎えてしまうかもしれません。また完全に勃起をしていないため早く射精をしてしまうこともあるかもしれません(いわゆる早漏)。それが次第にセックスを敬遠する理由となり、女性が不満を持つ原因となってしまうのです。特に夫婦間では深刻な問題にもなりかねません。

海外では夫婦間のセックスはとても大事なものとされていますから、セックスレスに至ってしまうと離婚の原因になります。最近日本でもこの問題は取り沙汰されており、悩みを抱えている夫婦は急増しているそうです。現にその問題で離婚へ至る事も増え始めているのだとか。

EDは自身の問題だけではなく、妻(女性)の精神状態にも大きく影響を与えてしまうのです。こう言ってしまうと余計プレッシャーになってしまうかもしれませんが、自分自身だけの問題では無いことをしっかりと理解しておいてもらいたいです。しかしバイアグラ、ならびにED治療薬を使えば多くの方はこの問題を解決することが出来ます。心配は無用です。

早漏になりにくくなる

また男性の悩みとしては「早漏」も挙げられますよね。射精に至るまでがとても早いという症状です。大体1~3分程度で射精に至る方は早漏であるといえるでしょう。原因は色々あるのですが、その中の1つに「不完全な勃起」も入っています。

というのも勃起がうまく出来ている状態は皮膚もピンと張っており、感度を過剰に感じない状態です。EDに陥り不完全な勃起でセックスへ臨む場合、ペニスが過度な刺激を感じやすい状態になっています。さらに精神状態もマイナスになっていますから余計早漏へ至る条件が整っているのです。

EDと早漏はメカニズムとしては全く別物ですが、とても関連深い症状のため約3割程度の方が併発されているようです。まずは精神的な不安を取り除くためにバイアグラを使い「勃起が問題なく出来る」という自信を得て下さい。

さらに早漏防止薬と知られる「プリリジー」も合わせて使えば射精時間は延長します。海外製のジェネリックにはバイアグラの成分とプリリジーの成分が合わさった薬もありますので、費用を抑えつつも手間を省かれたいのであればとてもおすすめです。こちらについては後程ご紹介致します。

バイアグラの有効成分シルデナフィル

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと言います。先程もご説明した通り血管拡張作用を持ち、それがペニスへ血液を集中させる事で強く勃起を促進させるという効果を持っています。バイアグラを製造・販売する製薬メーカーは、全世界にその名を知られているファイザー製薬です。今では当たり前のように使われるようになりましたが、開発のきっかけは偶然だったというのです。

有効成分のシルデナフィルは狭心症の治療薬として開発が進められていたのですが、残念ながら治療に対する有効性が見られませんでした。そこで被験者へ試験薬を返すように催促をしたのですがなかなか応じませんでした。その理由こそ実は「勃起を促進させる」ことだったのです。

これを知ったファイザー製薬のスタッフは狭心症の薬からED治療薬として再び開発を始め、見事1998年に発売される運びとなりました。ご存知のように大ブームを巻き起こし、わざわざ海外に行き購入される方も。そして異例中の異例で、翌年の1999年には承認されて日本でも処方が可能となったのです。

薬の開発は偶然に発見されたことや、思わぬ副作用から転じて行われる事が多いですがバイアグラもその例にならった形で誕生したのです。今まで改善出来なかったEDをたった1錠で変える事が出来るようになり、今や治療にあたってまずはED治療薬を使う事から始まるまでになりました。

肺動脈性高血圧症の治療薬

動脈性高血圧症の治療薬

シルデナフィルはED治療薬のバイアグラだけではなく、肺動脈性肺高血圧症という病気の治療薬としても使われています。この肺動脈性肺高血圧症は指定難病にもなっており、現在も治療法について研究がすすめられているのです。

その肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使われているのがレバチオです。こちらももちろんですがファイザー製薬から販売されています。薬局では販売されていないので必ず医療機関へ行かなければいけません。剤形としては錠剤のほか、ODフィルムとドライシロップも揃っています。ODフィルムに関しては2016年10月にバイアグラにも発売されたのでこれを応用したのでしょう。

用量は1日3回、20mgを服用します。これはバイアグラの最低用量である25mgよりも少ないです。その作用は肺動脈の平滑筋を弛緩し、肺動脈圧と肺血管抵抗を低下させてかかっていた負担を無くします。使用禁忌薬もほとんど同じで、硝酸剤を一緒に使ってしまうと過度な血圧低下を招くので注意をしましょう。

バイアグラだけではEDは治せない

EDは残念ながらバイアグラだけでは完治させることは出来ません。あくまでもED治療薬はそれをサポートする薬です。例えば器質性EDであるため、血液がペニスに流入しにくいのであれば、動脈硬化の治療も行いましょう。まずは原因となっている食事の見直しなどを行う必要があります。

もちろんすぐに治療出来るわけではありませんし、もしかすると健康な血管へ完全に戻らないかもしれません。しかし少しでも改善出来れば、健康への意識も少し高くなるはずです。肥満であればダイエットをする意識も高まることでしょう。

すぐに終わらせようとするのではなく徐々に改善していくイメージで行って下さい。いずれも焦ってやり始めると空回りしてしまい結局続かなくなることが多いと思います。まずはなにを優先して改善していくか、をしっかり決めてから臨みましょう。

精神的な原因は、より根気強く改善に取り組む

精神的な原因が起因となる器質性EDの方はまずは自信を付ける事が最も大切です。まずはバイアグラを使い、自身は勃起が問題無く出来るんだという自覚を持ってみましょう。その心構えだけでかなりプレッシャーは取り除かれるはずです。

おおまかな原因、例えば女性に対してのトラウマや性的なコンプレックスがあるのであれば1人で解決するのは困難なのでカウンセラーに相談をして徐々に取り除いていきましょう。また夫婦間、特に子供を望む場合なかなか妊娠をしないといった問題でもEDは起こりえます。

妻からのプレッシャーにより気付かぬうちにペニスが勃起しにくくなる、中折れをしてしまうという方が実は大変多いようなのです。その時は話し合いをしてみるのも非常に大事だと思います。まずは理解を得られるように心がけて見て下さい。

バイアグラで起きる副作用

バイアグラは副作用が出やすい薬としても有名です。とは言いましても軽度の症状なのでなにかしら生活に影響を及ぼす、というような事はありません。ただし併用禁忌薬と一緒に飲んでしまった場合には先述の通り、過度な血圧の低下を招く恐れがあるので注意をして下さい。

バイアグラで良く報告されている副作用は頭痛・顔の火照り・目の充血・鼻づまりなどです。これは血管が拡張されることで起きる症状です。特にバイアグラはその作用が強いため、他のED治療薬よりも出やすいと言われています(その分勃起促進作用が強いわけですが)。

使用される7割以上の方に起きるようなので深く心配する必要はありません。逆の考えでこの副作用が出ているからバイアグラもしっかり作用している、と捉える方もいらっしゃるようなのでご安心下さい。

少しの異常であっても油断しないように

冒頭の使い方でもご説明したのですが、併用する薬により重大な副作用が起きてしまう可能性があるので注意をして下さい。心臓病を抱えている方や高血圧や低血圧の方。また肝臓の機能が低い方も使えない場合があるので、心配な方は医師に相談をしてからバイアグラを使いましょう。

またバイアグラを使い起きやすい副作用(軽微なもの)に関しても、薬の効果が切れても続くようであればこちらも医師に相談をするようにして下さい。通常ではまず起こりえません。なんらかの以上が考えられるので我慢をせずに、すぐ医療機関へ向かいましょう。

バイアグラの購入について

バイアグラの購入について

バイアグラの購入方法は2通りあります。1つは医療機関で処方してもらうという方法。処方箋医薬品なので当然ですね。そしてもう1つは通販を利用する方法。この2つの購入方法が知られています。何を目的にするかによって購入方法を変える事が出来るので簡単に見てみましょう。

違いとしては医療機関は医師の診察が受けられるため、分からない事がきけるという点。またバイアグラだけではなくレビトラやシアリスなどの選択肢も提案してくれます。そして処方もすぐに行えるので、その日に使えるというメリットが特徴でしょうか。

通販は海外から個人輸入することになるので、手に入る時間が医療機関よりも遅くなってしまいます。しかし海外のバイアグラをそのままの価格で購入出来ますので医療機関で処方されるよりも安く手に入れられます。またこちらも海外のみで展開されている最大容量の100mgも購入出来るので、半分にカットして使うと費用の節約も可能です。

バイアグラを医療機関で手に入れる場合

まずは医療機関についてご説明します。診察は10~20分程度で済み、しかも服を脱ぐことはありません。イメージとしてはちょっとハードルが高かったと思いますが全くそういうことはありませんのでご安心下さい。そして診察が終わればすぐにバイアグラを処方してもらえます。

医療機関で処方してもらうメリットとしてはその日にもらえるという点でしょう。ただしED、そしてED治療薬には保険が適用されません。診察費などの諸費用+バイアグラの代金が全額請求されます。最初の恥ずかしさよりも価格面についての方が躊躇してしまう点になるのではないでしょうか?

例を見てみれば50mg(国内で一番多い用量)を処方してもらう場合、1錠1500~2000円前後必要になります。医療機関によってはさらに高く設定されている事もあるので事前に確認する必要があります。1シート4錠ですのでもし1シートを希望される場合は一番高い価格を例に出すと8000円必要となるのです。

ただバイアグラは特許が切れているためジェネリックも販売されており、特に気にならない方であればこちらを選ぶと費用の節約が可能です。使い方、効果は元になっているバイアグラとほとんど変わりません。とはいえジェネリックも保険適用されていないので注意です。50mg1錠で大体1000円前後に設定されているようです。

バイアグラを通販で手に入れる場合

ここからはもうひとつの購入方法である通販についてご説明します。発売当初は海外のみで販売されていなかったため個人輸入を行い手に入れた方が多かったバイアグラ。この個人輸入を専門の業者に任せ、ユーザー(注文者)は代金のみを支払うというのが通販の仕組みです。

まず大切なこととして個人輸入は処方箋医薬品も購入可能であり、しかも処方箋が必要ありません。ですので法律に触れるということはありませんのでこの点については安心していただいて構いません。しかしいくつかのルールがあります。

何回か自身で行えばどこが安心して購入出来るか?いつぐらいに届くか?どれくらいの量なら問題ないか?というのはある程度把握されていると思いますが、いざ始めるとなるとそのルールを覚えるのが少し面倒ですよね?そこで個人輸入を代わりに行ってくれる業者を頼り、バイアグラを購入します(個人輸入代行業者)。

では個人輸入代行業者にどうやってそれを依頼するのか?それが通販なのです。多くの商品(医薬品)の中の1つにED治療薬、そしてバイアグラがありますのでそれを見つけ出して注文します。見つけ方は検索窓から直接入力すると早いでしょう。

肝心の価格になりますが50mg1錠だと1350円。そして先程も少し触れた海外にのみ展開されている100mg1錠は1450円と医療機関よりも安く購入出来る事が分かります。また通販の特徴として多く購入することによって1錠あたりの価格が安くなっていくので、お金に余裕があれば多めに購入することをおすすめします。トータルで見ればかなりお得になりますよ。

通販でバイアグラを購入する際の注意

通販で購入される場合には注意すべきことがあります。何か予期せぬ事が起きても全て自身の責任になってしまうことです。処方箋は医師が責任を持ち薬を施すということになるので、万が一何か起きてしまっても補償を受ける事が出来ます。しかし通販の場合は自身がそれを承諾して購入する、という形になるので補償が受けられない可能性があるのです。

そのため本当に必要であるかどうかをじっくりお考え下さい。また併用禁忌薬である硝酸剤や塩酸アミオダロン錠を服用されている方は購入を控えるべきでしょう。そういった点も見ながら通販でバイアグラをお求め下さい。EDでお悩みであってもまずは健康が第一ですからね。

次に信頼できる通販サイトを見つけるのも重要です。現在かなり通販で薬を買われる方が増えました。それに比例するかのようにサイトの数も増えてきています。そうなるとどのサイトで購入すればいいのか?適当に安いところがあるからそこにしよう、という心理が働くかもしれません。しかしそれはとても危険です。なぜなら悪質な通販サイトも存在するためです。

通販で購入する際は偽物に注意

何が駄目なのか?確かに価格は魅力的かもしれません。しかしその効果についてはどうでしょうか?品質についてはどうでしょうか?バイアグラをはじめ、ED治療薬は人気である事が多いので偽物もかなりの数が出回っているというのです。

偽物は劣悪な環境で作られています。素材も小麦粉であったり適当な薬を砕いてまた練り直して作られたりなどかなり乱雑です。そのためどのような事が起きるか分かりません。ですので、鑑定結果を掲示している・口コミが多く良いことばかりでなく悪いことも書いてある・あまりにも安い価格で販売されている・サイトの言語がおかしい、などいくつかの点に注意して購入して下さい。

法令を遵守しているサイトを選ぶ

海外医薬品の通販サイト、実は10年以上前からあったようで、今でも続いている有名なサイトがいくつかあります。これはきちんと正規品が届けられている、そしてユーザーのニーズにもきちんと答えられているからこそ信頼され続けられているという証と言えるでしょう。

しかし待って下さい。そういった大手の通販サイトでも実は法令を遵守していない可能性があります。どういうことかといいますと、サイトトップを見ればすぐにお分かりいただけるはず。バイアグラの説明・購入するページへのリンクがありませんか?

実はこれ、薬機法に違反している状態と言えます。簡単に言うと未承認の薬は広告表示してはいけません。検索してから初めて表示される状態でなければならないのです。つまりサプリメント、あるいは化粧品などがサイトトップに表示されている状態でなければなりません。

その状態で検索窓からバイアグラ、と入力し初めて表示された状態が法令を遵守していると言えるのです。大手サイトと言えどこの点に着目していないところが多いので注意をしましょう。ですが少なからずこういった細かい点もしっかり守っている通販サイトはあります!

ユーザーからしてみればすぐにバイアグラの購入画面へ行けることは非常に楽です。しかし面倒でも一度薬の名前を入力しなければならない、法律を守っているサイトを利用することは決して損ではありません。間違いなく本物の薬が届く、サポートも充実しているなど、細かな点にも配慮されています。

またセキュリティに関してもしっかりしていると言えそうです。個人情報を扱っているわけですから、しっかりした通販サイトで購入したいですよね。その点も絶対に対策されているはずです。安心してバイアグラを購入出来るサイトの目安として、ぜひ覚えておいて下さい。

バイアグラのジェネリック

先述したようにバイアグラにはジェネリックも販売されています。ジェネリックのメリットはなんといっても価格です。バイアグラ(先発薬)よりも安価なので費用を抑える事ができ、今まで使われたことが無い方にも手に入れやすくなっています。

ただバイアグラのジェネリックも保険適用外の薬になるので全額負担をしなければなりません。そこで通販を利用して海外で販売されているジェネリックがお買い得になります。通販でももちろん保険適用されませんが、とにかく価格自体がかなり安いので入手しやすいのです。

価格が魅力の海外製ジェネリック

海外製のバイアグラジェネリックは現在世界各国の製薬メーカーで作られています。しかし各国のバイアグラの特許が切れる以前は、独自の特許制度を持つインドの製薬メーカーが中心となり販売されていました。もちろん現在もインド製のジェネリックは人気です。

特に有名なカマグラ(カマグラゴールドとも)を始め、シラグラやセンフォースなど通販を利用された事がある方は一度は見たことがあるのではないでしょうか?また人気が急上昇しているバイスマも価格がかなり安いですし、早漏防止の成分であるダポキセチンも配合されたスーパーカマグラなどもあります。

バイアグラのジェネリックになるため当然ではありますが有効成分はシルデナフィルですので、効果や副作用じゃほとんど変わりません。もちろん使い方もバイアグラと同じなので食後に服用しない、併用禁忌薬と使わない、といったように気を付けるべき点には気を付けて下さい。使い方を誤ると思わぬ事故に繋がってしまいます。

すぐに使う事が出来る国内製ジェネリック

これは国内製のバイアグラジェネリックもいえることです。こちらは医療機関へ行かなければ手に入れる事が出来ないので、専門のクリニックや対応している科に行き処方してもらいましょう。販売している製薬メーカーは東和薬品、キッセイ薬品、あすか製薬など有名なジェネリック製造メーカーにより行われています。

国内製のバイアグラジェネリックは海外製よりも少し高いですが、すぐに処方してもらうことが出来るのでその日に使う事が出来るのがメリットです。通販は海外から発送されるため最低でも到着に一週間がかかってしまいます。時間を選ぶか?価格を選ぶか?それはユーザーの優先順位により変わりますが、バイアグラのジェネリックもED改善にはとても有効な方法なので選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

バイアグラで良く間違われること

バイアグラで良く間違われること

バイアグラで間違われている・誤解されていることは未だにあり、薬の特質であったり名称間違いなどが挙げられます。それでは実際どのような事が良く間違われているのか?これよりいくつかの例を挙げていきますので、参考にしてみて下さい。特に使い方に関しては知っておいた方が良いでしょう。

バイアグラは性欲を高める精力剤ではない

発売当初から言われていたことですがバイアグラは精力剤ではありません。性欲・精力を増強させるような作用は持ち合わせていないのです。直接的に作用するわけではなく、勃起出来ている自信が興奮を高めているのではないでしょうか?

バイアグラの作用は先述しているようにPDE5を阻害し勃起の沈静化を抑えること。そして血管拡張作用により、ペニスへ血液を集中させ勃起を促すという薬です。言うなれば勃起のメカニズムをうまく整え、一層勃起をしやすくする薬なので性的興奮が高まるようなことは一切ありません。

もしバイアグラを使っても効果が無いのであれば、性欲が低下しているためうまく作用しない。あるいは食後すぐに使ったために有効成分の吸収が食物や油分によって阻害されうまく作用しなかったというのが原因なので特性を覚え、使い方を間違えないようにすれば効果を発揮します。

なお性欲の低下・減退に関しては極度の疲労・ストレスや、そもそも男性ホルモンの分泌が少ない可能性があるのでそれぞれについて対処をしていけば改善するのでぜひ実施してみて下さい。男性ホルモンはホルモン剤を使えば増やす事が出来るので活用するのもおすすめです。

バイアグラの名前間違い

バイアグラという商品名を未だに間違われる方がいらっしゃいます。例えば「バイヤグラ」。これは検索サイトでよく見られる間違いです。「ア」と「ヤ」は確かに似ていますから間違いやすいのかもしれません。バイヤグラと打っても検索結果にはバイアグラに関することがたくさん出てくるのでついそれで覚えてしまう方がいらっしゃるのでしょう。

しかし名前間違いはバイヤグラだけではありません。もう1つよく間違われているのが「バイアクラ」です。「グ」ではなく「ク」と打ってしまっても、検索結果としてはバイアグラに関するサイトがたくさん出てくるため間違いに気付気付きません。

バイヤグラもバイアクラも一文字違いで、なおかつネットで調べる場合は問題無くバイアグラについて出てきますので、さほど気にならないかもしれません。とは言いましても正しくは「バイアグラ」です。間違っていた方は正しい呼び方に直していきましょう!

バイアグラは心臓に悪い?

バイアグラは心臓に悪いのでは?という誤解があります。確かに心臓疾患をお持ちの方は控えるように言われています。しかしバイアグラがもたらす作用とは血管の拡張作用と、ペニスの勃起を鎮める酵素(PDE5)の阻害作用のみです。そのため心臓に直接影響することはありません。

ですがこの誤解は併用禁忌薬と使うことによる過度な低血圧を招き、そして過去にあった死亡事故からのイメージが残っているからだと思います。と言いますのも、バイアグラ発売当初(まだ国内発売前)、使い方が知られていなかったため、併用禁忌薬と一緒に使われ心筋梗塞を発症した可能性が高いためです。

その他事故を招いた使い方としては、アルコールと一緒に飲んだり、一度に多量に飲むといった危険な使い方をしていたために死亡事故や重大事故が相次ぎメディアを騒がせたのです。このためバイアグラは心臓に悪いという誤解を生み出してしまいました。

しかし今ではそのイメージは払拭され安全な薬として使われています。あくまでもまだ一部の方ではありますがこういったように心臓への悪影響があるのではないか、と思われているのです。しかし狭心症などで医師から性行為自体を控えるように言われている方は、何かしら負担をかける可能性があるのでバイアグラの服用は避けた方が良いと思います。

ED治療薬の種類

EDの治療には欠かせないバイアグラ。俗に言うED治療薬と呼ばれる薬なので、先程から何回か申しているように今では国内未発売のものを入れると4種類揃っています。一度はEDを改善させるためバイアグラを使われたものの、効果が強すぎてちょっと合わない・副作用が辛かった、という方もいらっしゃるでしょう。

そういう時には違うED治療薬を使ってみるべきです。有効成分により相性が変わることもあるので試す価値があります。現在、バイアグラ以外にどのようなED治療薬が発売されているのかこれより見ていきましょう。

第2のED治療薬レビトラ

レビトラはバイアグラに次いで発売された第2のED治療薬です。国内では2004年に発売され、こちらも大きな話題となりました。発売元はドイツの大手製薬メーカーであるバイエル薬品。アスピリンが特に有名な製品です。それはともかくとして、レビトラはバイアグラのデメリットを改良したED治療薬とも言われ、使い勝手が向上しているのが特徴です。

まず食事の影響が少なくなっていること。効果持続時間が10時間に延びていること。副作用が出にくくなっていること。そして最も注目するべき点として「即効性」が挙げられます。服用してからおよそ20分程度で効果が現れてくるのです。特にせっかちな方には向いているED治療薬です。

勃起促進作用はバイアグラよりも弱くはなってしまいますが十分な硬さを実感出来ます。人によってはレビトラ20mgはバイアグラ50mgよりも硬さを実感されている方もいますので、効果の引けはとらないはずです。バランスに優れているED治療薬といっても過言では無いでしょう。

最新のED治療薬シアリス

シアリスは国内では最新のED治療薬です。2007年にアメリカの製薬メーカー、イーライリリーより発売されました。シアリスの一番は効果の長さ。20mgを使用された場合、なんと36時間もED治療薬としての効果が続いていきます。なぜこのような効果が現れるのかというと、シアリスの有効成分であるタダラフィルは吸収されにくい性質のため、ゆっくり勃起促進作用が現れてくるのです。

しかしシアリスの特徴はそれだけではありません。吸収が穏やかであるため副作用がバイアグラとレビトラよりもさらに出にくくなっています。特に出やすい顔のほてりは、シアリスだと全く感じないのではないでしょうか?また現れてもごく軽いはずです。

そしてED治療薬にはつきものである食事への影響も非常に受けにくいため、食後に服用しても効果が現れてくれます。タイミングが取りやすく、使い方もそこまで気にしなくてすむので、焦ることがないED治療薬なのです。バイアグラやレビトラではちょっと強すぎるという方はシアリスに変えてみてはいかがでしょう?

国内では販売されていないステンドラ

国内では発売されていない「第4のED治療薬」とも称されているステンドラ。しかし意外な事実として元々日本の製薬メーカーである田辺三菱製薬が開発をしていました。しかし2001年、発売元であるアメリカの製薬メーカー、ヴィヴス社に権利を譲渡したという経緯があります。

発売は2012年で、アメリカを始めヨーロッパやアジアでは韓国で販売されています。その特徴なのですがバイアグラ・レビトラ・シアリスのいいとこ取りをしており、こちらも使いやすいED治療薬という話です。まず副作用がシアリス並に出にくいこと。そして食事の影響も少ないので、よほどお腹いっぱいに食べなければまず効果の発現には問題ないでしょう。

そしてレビトラと同じ、もしくは若干早く効いてくる即効性を備えています。しかし効果持続時間はバイアグラと同じ5~6時間程度なのであまり早く使ってしまうと気付かぬうちにその恩恵が終わってしまっている、ということもあり得るのでタイミングには少し注意をして下さい。

ただ勃起促進作用もバイアグラと引けを取らないほどペニスが硬くなるそうです。なによりもその点を実感したい方で、即効性を求める方であればステンドラはとても良いED治療薬であると言えるはずだと思います。

自身と相性の良いED治療薬を見つけるのも改善の近道

4つのED治療薬はもたらす作用(勃起促進作用)こそ同じものの、それぞれの特色がありますので自身の好みに一番合うものを選択するのがおすすめです。相性が良いと副作用が起きにくいですし、より自信にも繋がっていくはずなので機会があれば4つとも試してみて下さい。

ただステンドラのみ国内では処方されていませんので個人輸入を使う必要があります。その他、バイアグラのジェネリックも多数販売されているので医療機関よりも安く手に入れる事ができ、試しやすい環境ではあると思うので利用する価値はある思います。

しかし通販(バイアグラなどを個人輸入出来る通販サイト)は、きちんと正規品を届けてくれるところを選ばなければ偽物のバイアグラを使ってしまう羽目になる可能性が高いです。そのため上記で挙げた判別方法を参考にしましょう。

バイアグラODフィルム

バイアグラODフィルム

発売から20年が経ちジェネリックが多く出回っていること、そしてレビトラやシアリスという選択肢があることからバイアグラの売上は下がりつつあります。しかし2016年に新たな剤形がファイザー製薬より発売され話題となりました。それがバイアグラODフィルムです。錠剤ではなくフィルム、なのです。

ジェネリックではすでにOD錠(剤形は錠剤)が東和薬品より発売されていましたが、フィルムはED治療薬では初めての剤形になります。OD錠とは水無しで飲める薬のことで、唾液で溶かすだけで済むためいつでも飲めるのがメリットです。

バイアグラODフィルムは薄いフィルムなので錠剤よりも飲みやすくなっています。そしてメリットはこれだけではありません。携帯性も上がっており邪魔になることが少ないでしょう。財布やカードケースにも入れることが出来ます。そしてバイアグラ(錠剤)よりも即効性が高くなっているので効き目の実感が早くなっているはずです。

バイアグラODフィルムの細かな情報

バイアグラODフィルムの用量は錠剤と同じく25mgと50mgの2種類です。100mgはありません。ここで1つデメリットとして挙げられるのが分割して使えないという点。1枚使い切らなければなりません。また水分にも大変弱いので濡れた手で触るのは厳禁です。乾いた手で取り出し、使いましょう。

実はバイアグラODフィルムにはジェネリックがあります。とは言ってもまだ発売されたばかりですので国内の製薬メーカーからではありません。海外の製薬メーカーより発売されています。こちらも通販で購入が可能で、価格は当然ながらジェネリックの方が安いです。

バイアグラODフィルムは1枚1000円~1500円前後に対し、ジェネリックだと1枚300円前後で購入が出来ます。この差はかなり大きいと思うので一度試されてみたい方は通販で購入してみてはいかがでしょうか?気に入ったのであれば実際に医療機関でバイアグラODフィルムを処方してもらうのも良いでしょう。

バイアグラに関するまとめ

男性の自信を著しく低下させてしまうED(勃起不全)。その解決にはバイアグラが必須です。バイアグラが発売されるまで治療は困難な病気であったED。しかし画期的かつ的確な作用が勃起のメカニズムをうまく働かせ、再びペニスが勃起をするようになるのです。

そのためには使い方も正しく知っておく必要があります。ただ単純に使えばいいというものではありません。それはどんな薬であっても同じことですが、バイアグラはそのタイミングを間違えてしまうと全く効果が得られなくなってしまうので気を付ける必要があります。

しかしそれを知っていれば間違いは起こりません。まずは食事の後には飲まない、そしてなるべくであれば空腹状態で使う。これさえ分かっていれば大丈夫です。バイアグラがEDを改善する手助けをしてくれることでしょう。

そしてバイアグラは通常、医療機関で処方される薬なのですが個人輸入を行えば海外から購入する事が出来ます。すると処方されるよりもかなり安く手に入れられる事が出来るのです。その個人輸入をより簡単に出来る方法が通販サイトを利用すること。普段ネットで見る有名な通販サイトと購入の仕方はほとんど同じ手順で問題ありません。

このように購入方法も広がりを見せたことにより、一層バイアグラは使いやすくなったのではないでしょうか?今の世の中、無理に我慢することはありません。使える環境は整っています。深刻な悩みを抱えるのであればまずはバイアグラを1回使ってみましょう。

oCAO̒ʔ