バイアグラorシアリス!彼女が喜ぶED薬の選択

勃起は大切

バイアグラ バイアグラとは、ED治療薬であり、世界的に有名な医薬品となっています。
ED治療薬としては世界初であり、1998年にアメリカで発売が開始されました。
日本ではバイアグラは1999年に製品化されました。
有効成分はシルデナフィルであり、肺動脈性肺高血圧症の薬にも使われている成分となっています。
効果は勃起を抑制しえしまっている酵素を阻害することにより、勃起を促進してくれます。
誤解が多いようですが、服用したからといって勃起が治まらないなんてことはなく、性的な刺激を受けない限り勃起することもありません。副作用として顔のほてり、目の充血などがありますが、ほとんどの人に現れる症状です。
薬の効果が現われた合図と考えても問題はありません。
もっとも新しい治療薬がシアリスという薬です。
日本では2007年に販売が始まった薬でシアリスの最大の特徴は効果の持続時間にあります。
最大で36時間持続し、1錠で週末が乗り切れます。
100カ国以上の国で使用され治療薬の中でも、もっとも売れいている薬となっています。
有効成分はタダラフィルであり、水に溶けにくい性質を持っています。
そのため効果が現われるのにも時間がかかるので服用は性行為の3時間前くらいから服用するようにしてください。
また食事の影響を受けにくいとされており、800キロカロリーまでの食事であれば、食事の影響は出ないとされています。
勃起不全のせいでペニスが勃起しないことで、性行為にストレスを感じてしまったり、自分が不甲斐なく思えてしまったり、彼女や奥さんに罪悪感を感じてしまう男性も少なくありません。
また症状が続くことによって自信もなくなってきてしまいます。
性行為を避けるようになってしまうとセックスレスなどの問題も起こります。
お互いの関係に亀裂を入れてしまう前に治療薬を使って症状を改善することをおすすめします。
また愛を確かめる行為でもあるので、治療してお互いが満足できるようになってください。

▲ PAGE TOP