近年では様々な原因から勃起不全になる男性が増えています。そんな勃起不全にはED治療薬のバイアグラがとてもおすすめです!

勃起の大切さ
悩む男性

勃起不全(ED)になってペニスが勃起しないとどういったことが起こるのか。
勃起という現象が人間の性生活においてどれだけ需要なものかという点について触れておきたいと思います。

まず、勃起という現象は後世に子孫を残すための性行為を行う上でとても重要な役割になります。
日本人には特に多いですが、快楽や密接なコミュニケーションを目的とした性行為はあくまで本来の目的とは異なり、誤った解釈をしている人程、勃起しないということを軽視してしまいがちです。

何らかの原因により、パートナーとの性行為にストレスを感じてしまったり、自分が不甲斐なく思えてしまったり、パートナーに対して罪悪感を感じてしまう男性も少なくありません。

またEDが解消されず、長期間に渡り症状が続くことによって男性としての自信も徐々になくなってきてしまいます。
自信がなくなり性行為を避けるようになると、近年増えているセックスレスという状態に陥る可能性もあります。
EDを放置するとパートナーとの関係悪化にもつながり、最悪のケースは破局や離婚ということもありえます。

単に、セックスができないだけ…と安易に考えず、パートナーとの2人の問題としてなるべく早く治療や改善をすることが大切です。
有効な治療方法としては根本的な原因を解決するために生活習慣の見直しや適度な運動、適切な食事を心がけるようにすることなどが上げられますが、はっきり言って時間はかかりますし、仕事の関係で生活が不規則だったりする人には難しいです。

そんな場合はバイアグラなどのED治療薬を用いて治療するのがとてもおすすめです。

夢の薬バイアグラ

今やED薬として世界で広く認知されているバイアグラですが、意外にもその歴史は浅く、98年の春に世界最大の製薬会社と呼ばれるファイザー社から販売が開始されました。
しかしその誕生の歴史には希有性があり、偶然の産物と言われています。

バイアグラとは?

世界初の勃起不全薬で、米国では1998年に、日本では1999年に販売が開始され、発売当初はEDに悩む男性のあいだでは夢の薬とまで呼ばれました。
厳密にはシルデナフィルという有効成分が体内のホスホジエステラーゼと呼ばれる酵素の活動を阻害することで、陰茎周辺部の血管が拡張し、血流量が増すことで勃起を促す効果が得られます。
また、薬自体も小さく1錠単位で服用できる為、もち運びにも便利で、服用して30分程度で効果があらわれ始め6時間程度効果が持続します。
また、効果という面で補足をすると、ED薬は勝手に勃起する精力剤のような薬と勘違いしている方も多いですが、ED薬は精力剤ではなく、性的な興奮を助長する効果もありません。
あくまでも性的な刺激があった上で血流を改善し、勃起を促すためのものであるという正しい認識が必要です。

バイアグラの誕生

バイアグラがなぜ偶然の産物と言われているかは、その誕生の過程にあります。
そもそも有効成分シルデナフィルは、1990年代当時に狭心症の治療のための薬として開発されていました。
開発の過程で、多くの被験者を含め数々の臨床実験を行いましたが、狭心症における治療効果は十分なものが得られず、実験の中止に至ります。
しかし、多くの被験者が試験薬の返却を拒み、その理由を聞いたところシルデナフィルの成分が勃起を促す効果があると確認できたため、勃起不全の治療薬として販売することに至ったことから偶然の産物と言われるようになったとされます。

バイアグラの現在

当時は夢の薬と呼ばれたバイアグラですが、その絶大なる人気とネット通販が盛んになり海外からの個人輸入が可能となった事から、多くの偽造品が出回るようになりました。
偽造品の中でもバイアグラと称したアミノ酸だけの錠剤だったり、有効成分が100mgという名目で売られているバイアグラが多く、こういった偽造品は通常よりも安く売られていたりするんで正確な知識を持たない方が安易に手を出してしまいます。
こういった偽造品に騙されない為にも、きちんとした知識が必要です。

バイアグラの正しい服用方法
バイアグラ_男性

バイアグラを服用をするにあたり、正しい方法で服用しなければその効果も思うように発揮されません。
これはバイアグラに限らずED治療薬全般、はたまたお薬といった括りで言っても、服用方法を守らなければかえって身体に悪い影響を与える場合があります。

医師からの処方である場合には医師からの指示を守ることは当然ですが、個人輸入により医師からの処方なく服用する時はなおさら正しい服用方法を理解することが大事です。

バイアグラの服用方法は一般的な薬とは異なり、空腹のタイミングで服用することで効果が出ます。
ED薬は、食事の影響をとても受けやすい特徴があり、満腹時に飲んでもその効果が十分に期待できないからです。

満腹時に飲むと消化のために体内の血液が使われてしまう為、十分な血液を陰茎海綿体へ送りこむことができず、勃起を促進する効果が鈍化されてしまうのです。

どうしても食後に服用したい場合や、食後から性行為までに十分な時間を取ることができない場合には、消化のよい食事であることが前提ですが、食後2時間以上経過、食前30分前に服用することで空腹時の服用と近い効果が発揮されます。

また、お酒も多少であれば飲んでも影響はなく、逆にアルコールによるリラックス効果によって薬の効果促進も見込めます。
逆に大量のお酒を摂取すると本来の効果が発揮されないだけでなく、失神等の危険もあるので過度な飲酒は禁物です。

その他、勃起がしない、効果が出にくいからといって過度な服用は厳禁です。
ED薬の服用は1日1回と決められているので、最低でも前回飲んでから24時間以上はあけるようにして下さい。

また、バイアグラを服用するうえで最も注意するべきことが併用禁忌薬との併用です。
バイアグラは血流を促す効果があるため、狭心症や心臓病等の持病を持っている人が服用すると副作用が強く出たり、最悪の場合には死に至る場合があります。

どうしても服用したい場合には個人輸入ではなく医師に相談して適切な処方をしてもらう必要があります。
事故なく、安心して服用するためには正しい服用方法を守ることが大切です。

バイアグラ通販